戦車 第 一 次 世界 大戦

Add: nydut34 - Date: 2020-12-02 23:20:45 - Views: 9321 - Clicks: 3913

アミアン1918(ドイツ陸軍暗黒の日) 次は、第一次世界大戦の経過の最後として、結局ドイツの敗因は何であったのか、何がドイツの敗戦に最も効いたのか、についてです。 → ページのトップに戻る. . 最初の突破(ドイツ軍春季攻勢、3月) 2. 以上、1918年の戦闘の経過を確認して来ました。この年に起こった戦闘のうち、詳細で読みやすい記述があるものについて、下記に整理しておきます。 リデル・ハート『第一次世界大戦』 1.

庫の戦車は、シュナイダー戦車に比べ大型でより強力な長砲身の75mm砲を装備していました。 特に後期型は、第2次世界大戦のシャーマン戦車に搭載された75㎜戦車砲の元となったM1897野砲(最大射程6,850m)を搭載していました。. 第一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、英語: World War I 、略称:WWI)は、1914年 7月28日から1918年 11月11日にかけて、連合国対中央同盟国の戦闘により繰り広げられた世界大戦である。. 第一次世界大戦の戦車と第二次大戦の戦車と現代の戦車はそれぞれどれくらいのスピード出ますか? 第二次大戦は日本の、他は欧米のをお願いします。馬力としては第二次大戦のドイツのはフランスとの国境の森林の木をなぎ倒して進めたと聞いています。そうとうな強さですね。まあ. ≪第2次マルヌ戦≫(連合軍の反転攻勢、7月) 5. 第一次世界大戦(World War I:WWI / WW1)は、1914年7月28日から1918年11月11まで続いた、ヨーロッパに端を発する世界的規模の戦争。 当時、「すべての戦争を終わらせるための戦争」と言われた第一次世界大戦でしたが、結果的にヨーロッパ人6000万人を含む7000千万人以上の軍人が動員され、人類史上で最大規模の戦争の一つとなりました。 この世界大戦には当時の世界におけるすべての経済大国が巻き込まれ、 の2つの陣営に世界が大きく分けられ、また、時間の経過と共に参戦する国が増えて両陣営の同盟関係が拡大したことで、非常に規模の大きな戦いが繰り広げられていったのです。 第一次世界大戦はまた、その後に起こる第二次世界大戦に次いで、史上最悪の戦争の一つとも考えられます。 第一次世界大戦の直接的な被害を受け、900万人の兵士および700万人の民間人が死亡したと推定されるだけでなく、大戦の結果として起こった大量虐殺と1918年のインフルエンザ大流行により、全世界でさらに5千万人から1億人の死者が出てしまったのです。.

夢の戦闘―サン・ミエル(9月) 8. 1914年7月28日、オーストリア=ハンガリー帝国がセルビアの首都ベオグラードを砲撃。 これに対してロシア帝国は、セルビアを支援する必要があると考え、軍隊の一部動員を許可し、ついに第一次世界大戦の幕が切って落とされたのです。 7月30日夕方、ロシア側の総動員が発表されました。 そして翌日の7月31日、これに対抗するようにオーストリア=ハンガリーおよびドイツも同様の発表を行い、ドイツはロシアに対して12時間以内に軍の動員を解除するよう要求。 しかし、ロシアがこれを拒否すると、ドイツはオーストリア=ハンガリー帝国を支持して8月1日に宣戦布告。オーストリア=ハンガリー帝国も8月6日、これに続きました。 一方、フランスは8月2日、ロシアを支援するために総動員を指示しています。. 欧米の列強は、アジアの植民地の運動を認めなかった。しかし、ウィルソンの平和原則や、ロシア革命など、民族自決を重視する国際的な風潮に刺激され、インドや中国などのようなアジア各地の植民地では、独立運動がさかんになった。 戦車 第 一 次 世界 大戦 日本も植民地として朝鮮半島を支配しており、また中国の満州などに権益を持っており、中国の一部植民地のように支配していたので、それら朝鮮半島や中国では、日本へ反発する運動がさかんになった。. 第一次世界大戦の戦中や戦後に、ヨーロッパやアメリカでは、労働者や女性も総力戦に貢献したことから、選挙権を労働者や女性にも拡大するべきと言う要求が強くなっていき、実際に多くの欧米の国で選挙権が拡大された。 女性の選挙権は、イギリスでは1918年には女性に選挙権が与えられた。アメリカでは1920年に男女の普通選挙が与えられた。 また、ドイツでは第一次世界大戦の終了のころに皇帝が退位して共和国となっており、ドイツでは1919年にワイマール憲法が制定され、満20歳以上の男女に選挙権が与えられ、国民主権となり、労働者が労働組合を作る権利(団結権)が認められた。 また、すでに説明したが、ロシアではロシア革命により社会主義・共産主義が成長した。ロシア以外の国でも、社会主義を掲げる運動が活発になった。. ドイツ軍が春季攻勢を実施するためにどのような準備を行ったかについては、飯倉章 『1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか』に詳しく記述されています。以下は、同書からの要約です。 ドイツ軍は塹壕戦深縦防御を採用して、英仏軍の攻勢をしのいできた。英仏軍もこの戦術を学び、守りを固めていた。英仏軍の塹壕線を突破するために採用されるのが、浸透戦術。さらに、西部戦線では包囲するための大規模な機動戦の余地がなくなっていた。そこで、浸透戦術で敵の塹壕線の一部を崩した後に、さらに十分な兵力を送り込んで戦線突破。 ルーデンドルフは、ミヒャエル作戦に投入される師団を、3種類に区別。まずは44個の「機動師団」、定員を充足、軽機関銃、火炎放射器、迫撃砲を持ち、最上の状態の馬匹。次はおよそ30個の「攻撃師団」、機動師団とほぼ同等の装備、第一線の交替部隊。残りの100個以上が「塹壕師団」、装備でも待遇でも見劣り、比較的高齢の兵士。 『陣地線における攻撃』 - 1918年のドイツ軍の攻勢の基本文書。敵の前線を破り浸透するため、攻撃は敵の陣地深く。敵の壊滅は目指さず、代わりに、敵の部隊間を分断、通信不能化が肝要。砲撃でも、敵軍全滅は前提とせず、敵の砲兵陣地の無力化が目標、毒ガス弾の使用を強く推奨。攻撃維持のために、前進移動、歩兵と砲兵の協力。. 人類史における初の世界規模の大戦である第一次世界大戦について詳しく見てきました。 第一次世界大戦は、その後の国際情勢を決定する非常に大きなインパクトを国際社会に残しました。 そして、20年ほどしてから起きてしまった第二次世界大戦と合わせ、戦争の悲惨さを表す教訓として、人間の歴史に刻まれています。 世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!.

第一次世界体制の引き金は、一個人による一個人の暗殺によって引かれました。 1914年6月28日、サラエボへ視察に訪れていたオーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公が、ボスニア系セルビア人のユーゴスラビアの民族主義者の青年「ガヴリロ・プリンツィプ」によって暗殺されたのです。 (セルビアのベオグラードにあるガヴリロ・プリンツィプの像) その結果、「七月危機」と呼ばれる、セルビア王国とオーストリア=ハンガリー帝国を中心として、両陣営についた各国間で一連の緊張状態が起こりました。 7月23日、オーストリア=ハンガリー帝国は、セルビア王国に対し最後通牒を発しましたが、それに対するセルビアの回答にオーストリア側は満足せず、両国は臨戦体制へと移行。 相互に連動し合う同盟関係が築かれていたこともあり、七月危機はバルカン半島における二国間問題から、ヨーロッパのほぼ全土を巻き込んだ問題へと発展していったのです。 そして1914年7月までに、ヨーロッパ列強の同盟関係は二分され、 がそれぞれ発足しました。. 1917年、西部戦線を進むイギリスの戦車。. 第一次世界大戦 初めての実戦、ブレド村での戦闘 1914年7月末から8月初めにかけて第一次世界大戦となる各国の戦闘が続々と勃発した。 ドイツ軍とフランス軍は1914年8月3日に開戦した35。. 日清戦争の下関での講和談判で、日本は清国に対し、巨額の賠償と領土の割譲を要求し、飲まねば戦争を継続すると脅しました。戦争が継続されれば、清国側はさらに負け続けて損害は増大、その後の講和条件もますます不利になることが明白であったため、清国はやむなく講和条約に調印しました。 ドイツも、戦争が継続されればますます不利になることは、日清戦争における清国と同様に、明らかでした。相手側が提示してくる条件で休戦に応じる以外に手はなかったわけですから、ドイツにとっての次の問題は、休戦の条件として連合国から何を迫られるか、でした。また、リデル・ハートの著書からの要約です。 ヘイグは穏健な意見。「ドイツは軍事的な意味では崩壊していない。これまでの数週間、ドイツ軍はきわめて勇敢に、また秩序正しく戦いながら後退。したがって、ドイツがのめるような条件を与える必要がある。ドイツに侵略された全地域およびアルザス・ロレーヌからのドイツ軍撤収によって、勝利は充分保証される」。また英国軍は、ゲリラ戦の危険を気遣っていた。そして、ドイツ陸軍は動員解除せず、ボルシェヴィズムのまん延に対する防波堤として残しておきたいと考えた。 フォッシュは、ヘイグの条件には不賛成で、ドイツ軍にその砲の3分の1と機関銃の半分を引き渡させることと、連合軍のラインラント占領とライン川東岸の橋頭保の確保などを主張。次の不一致点は、賠償を休戦条約の中にうたうかどうか。英国軍は反対し、フランス軍はぜひそのことをうたうべきだと主張。 海軍に関するもの、個々では各国の立場は逆に。フォッシュは、Uボート部隊の降伏だけでいい。ロイド・ジョージは効果的で、しかも相手に屈辱を与えない妥協策として、ドイツ洋上艦隊の降伏ではなく抑留を要求すべきと示唆。 ドイツがこれらの厳しい条件を受け入れることを急いだのは、西部戦線の戦況のためというよりは、『国内戦線』の崩壊という国内事情と、南部国境に高まる脅威、西部国境への持続的圧力、はっきり数字にあらわれた連合軍の優勢などの要因。 ほんとうに意味があったのは、オーストリア降伏のあと、オーストリアとドイツの国境に連合軍の3個軍が5週間以内に結集して、ミュンヘンに向けて集中的前進を準備することにした、11月4日の決定。これに加え、英国独立空軍がこれまで試みたことのない規模で、ベルリンを爆撃することになっていた. 事態の急展開をとくに顕著に現していたのは、ドイツの同盟国の脱落でした。リデル・ハート 『第一次世界大戦』からの要約です。 9月15日、サロニカにおける連合軍はブルガリア軍前線を攻撃して、2、3日でこれをうちくだいてしまった。ブルガリア軍は休戦を希望して、9月29日に連合軍との間にその調印が行われた。連合軍に、オーストリアの後方をめざす前進の道をひらいた。 連合軍総攻撃の計画、4点での9月26日~28日開始のほぼ同時的な集中攻撃。① ミューズ川とアルゴンヌ森林 Argonne Forest の中間、アメリカ軍担当、② アルゴンヌ西、フランス軍担当、①②ともメジュール Mézières の方向に向けて、26日開始。③サン・カンタン=カンブレー戦線、英国軍担当、モブージュ Maubeuge の方向に向けて、27日開始。④フランダース戦区、ベルギー軍と英仏軍担当、ガン Ghent の方向に向けて、28日開始。 戦車 第 一 次 世界 大戦 10月5日までに英国軍はドイツ軍防衛網を突破、しかしこの戦線では、攻撃軍の師団数の方が守備軍のそれより少なく、戦車も疲弊していたために、ドイツ軍の退却を危険に陥れるほど速くは進めなかった。 イギリス軍は9月29日朝にヒンデンブルグ線に攻撃、ドイツを不安にさせた。ヒンデンブルク、「軍事情勢の深刻さは遅延を許さない」。こうして10月3日、即時休戦の訴えがウィルソン大統領に送られた。ドイツ政府が休戦の条件を討議し、問い合わせていた間にも、フォッシュは軍事的圧迫を加え続けた。 ドイツ国民は、突然深刻な事態に直面、不和軋轢が高まり、平和運動がせきを切ったように沸騰。最終的には敗北だという確信は、軍の首脳たちよりも国民に達するのに時間がかかったが、いったんそれがしみ込んでしまうと、その感情は強力に。『国内戦線 home front』の崩壊は遅れて始まったが、結局は戦線の崩壊よりも早かった。 10月23日に、ウィルソン大統領はドイツの要請にこたえて覚え書を送り、事実上の無条件降伏を求めた。10月26日、ルーデンドルフは辞任を強いられた。 メソポタミアでの9月19日からの連合軍の攻撃で、トルコ軍主力が捕虜となり、イギリス軍は機敏な追撃でまずダマスカスを、次にはアレッポを占領。連合軍はさらに、マケドニアからコンスタンチノープルを襲う気配であったため、無防備のトルコは10月30日に. フランダース突破(ドイツ軍春季攻勢、4月) 3. ライン左岸占領軍の維持費はドイツが負担 8. ドイツが事実上の降伏を受け容れざるを得なくなった理由について、他書からも補足します。まずは、JM ウィンター 『第一次世界大戦』からの要約です。 ドイツ軍がついに降伏したのはなぜか。18年夏、前進が頂点に達したころ、ドイツ軍の予備兵力はまったく底をついていた。疲れ切って補給もままならず。連合軍の物量の圧倒的優勢。両者の差を象徴的に示すものは戦車。7-8月の連合軍の反撃では、大量に配備された戦車が歩兵や大砲、戦闘機と組み合わせて使用され、退却するドイツ軍に絶え間ない圧迫。 銃後の状況も危機。帰還傷兵の口から戦況の悪化が告げられた。8月以降ドイツ軍最高司令部が直面していたのは、戦争に対する兵士のストライキと呼べるもの。うわさは銃後にも伝わり、軍隊による戦闘放棄を知った市民の間に政府への失望と怒り。 時期を同じくして同盟国の降伏も相次いでいた。ブルガリア、トルコ、オーストリア各軍は、9-10月に総崩れ。 1918年の夏にドイツ軍の前線が後退しはじめると、兵士たちはついに戦いつづける意思をなくした。1918年10月27日、ドイツ艦隊はイギリス艦隊との最後の決戦を行うよう出航命令。水兵の反抗。水兵たちは主な港町で不満を抱いている労働者たちとたびたび接触、この戦争が敗北に終わることが分っていた、だからこそ、無謀な土壇場での試みは拒んだ。水兵たちは代表をベルリンに送り、政府に自分たちの要望を明らかにした。実質的には、たいていの産業紛争にみられる不平不満の典型的リストだった。海軍に起こったこの反乱は、陸軍や産業労働者層にまたたくまに広まり、君主体制と戦争の両方に終止符をうつことになった。 要因として、経済封鎖の結果生じた物量格差と戦車に加え、戦況の悪化の情報が前線から銃後に伝わったことも挙げられています。革命も、経済封鎖の結果であったと言えるように思います。 もう1書、AJP テイラー 『第一次世界大戦』からの補足です。 戦車 第 一 次 世界 大戦 ドイツ提督たち、潜水艦戦をやめねばならぬことに腹を立て、イギリスを相手に大洋艦隊を出動させる決意。しかし、水兵たちは2年以上も軍事行動をしたことがなく、家族と安らかに暮らしてきた。10月29日になって乗務員は暴動、11月3日までにキールは彼らに占拠された、これがドイツ革命の発端。 マックス公と仲間たちは、革命がやがてドイツ全土に広がるだろうと確信、今こそ戦争.

カイザーシュラハト(ドイツ軍の大攻勢) 2. 第一次世界大戦スペシャルエディション WWIドイツ軍用オートバイ史 (書籍) TANKOGRAD Publishing(タンコグラッドパブリッシング) TG-WWI 1009 雑誌・資料集を通販で販売しています。. ルーデンドルフが、「ドイツ陸軍最悪の日」を見た8月時点で、事態は必ず悪化するから、そうなる前に和平交渉を始めるべき、と表明したことは、彼が事態を冷静・客観的に見る能力を持っていたことを明確に示しているように思います。また、その能力があったがゆえに、ドイツ陸軍は多数のカイゼンを積み重ねることができた、とも言えます。 これに対し、昭和前期の日本軍の指導者たちは、サイパンが落ちて本土への空襲が必至の状況が明らかになっても、すなわち勝てる条件はとうに失われていただけでなく、完敗に進む速度が加速されることが明確化しても、なおも戦争の継続を主張し、その後も各地で膨大な死傷者の山を築き続け、和平の動きがあればそれを阻害しようとしました。 昭和前期の日本軍の指導者たちは、ルーデンドルフに比べ資質が余りにも劣っていた、と言わざるを得ないように思います。そうでないなら、個人や組織のメンツを国家全体の利益よりも優先する体質であったがゆえに、判断を大きく誤って国を激しく損傷した、と言わざるを得ないでしょう。愛国心ではなく、愛利己心から戦争をしていた、と言えます。 また、何よりも個人や組織のメンツを優先する体質であったがゆえに、昭和前期の日本軍は第一次世界大戦当時のドイツ軍に及ぶべくもなく、戦争遂行中にほとんどカイゼンを生みだすことが出来ず、敗けるべくして敗けた、と言えるように思います。 結局大攻勢は失敗し、犠牲を積み上げただけで元の場所に戻ったことになりました。ここから後は、休戦に向けて急展開していきます。次は、第一次世界大戦の終末期、休戦までです。 → ページのトップに戻る. /10/28 - Pinterest で 134 人のユーザーがフォローしている tet oh さんのボード「Saint-Chamond (char)」を見てみましょう。。「戦車, 第一次世界大戦, 戦車 第 一 次 世界 大戦 はたらくくるま」のアイデアをもっと見てみましょう。. ドイツ陸軍『暗黒の日』(連合軍の反転攻勢、8月) 6. 8cm KwK 43砲よりも強力だったが、再装填に20秒以上を要した。一方のドイツ戦車は再装填に10秒しか要らず、その分正確な射撃に時間を割くことができた。他方、ソ連戦車は1.

6キロメートル)離れた敵戦車でも容易に撃破できたが、その傾斜のかかった45ミリメートルの装甲を貫くには、敵は500ヤード(457メートル)以内に近付かねばならず、自殺行為だった。T-34に対して最も効果的だったのは88mm対空砲で、本来の用途とは異なるものの、ソ連戦車に対抗するためドイツ軍の歩兵隊に配備された。 T-34はライバルのIV号戦車より燃費が倍近く良かった。T-34の航続距離は305キロメートルだったが、IV号戦車は201キロメートルだった。 速くて防御力に優れ、武装も強力だったT-34だが、欠点もあった。大きな問題点は小さな砲塔で、砲塔内には車長と装填手の2人しか入れなかった。そのため車長は砲手(加えて時には戦車小隊の指揮官)を兼ねなければならず、戦場での能率が悪かった。 1942年春、ドイツ軍は7. 海上封鎖は続行 10. シュナイダーca1; サン・シャモン突撃戦車; ルノー ft-17; fcm 1a; fcm 2c; 戦間期. (※ 範囲外: )「総力戦」はもともと20世紀の軍事用語で、たしかに国家の動員の能力や経済力・工業力なども必要だが、それだけでなく長期戦を戦うことも、世界大戦では特に必要になり、国家のさまざまな持久力も必要になった。第一次世界大戦じたい、長期化して、当初は「クリスマスまでには帰れるさ」などとヨーロッパ諸国の兵士たちの間で言われてたと伝えられるが、実際の第一次大戦は何年も続いた。 日本では、国土が大した被害にあわなかったことから、日本の民衆や評論家などの多くは、戦争のしかたが総力戦に変わったことに気づかず、のちに、欧米の戦力をあなどることになる。 このころの日本は、大正時代であった。明治天皇は、すでに亡くなっており、大正天皇が日本の天皇だった。 日本も第一次世界大戦に参戦し、日本はイギリスと日英同盟を結んでいたことを理由として、日本はイギリス側である連合国(れんごうこく)の側に立って参戦した。 ドイツの基地が、中国大陸の青島(チンタオ)にあったので、日本は、青島のドイツ基地.

ロシアとの講和により、ドイツは一時的に、ロシアから多くのものを得ます。その内容について、AJP テイラー 『第一次世界大戦』からの要約です。 戦車 第 一 次 世界 大戦 ドイツとオーストリアは、占領したロシア領から小麦を手に入れたし、ボルシェヴィキと講和の調印をした後は、さらに多くのものを得た。両国では、パンの割当は1918年中は以前よりも増加。 3月3日にロシアはブレスト・リトフスクの一方的指令による講和条約に黙って調印。こうしてロシアは、過去200年にわたってツアーがものにした征服地のすべてを失った。バルト海諸国、ポーランド、ウクライナさえ、たてまえでは独立国となった。実際には、それらはドイツ帝国に付属した。ドイツの諸侯は空席と思われた王位をめぐって争った。ロシアは、ロシア人の住む領土をほとんど失わなかったし、連合国の方では、ドイツの敗北後、ウクライナを除いて、ブレスト・リトフスクで決められた国境を維持。ロシアは、ツアー時代の国境を恢復するには、スターリンと第二次世界大戦を待たねばならなかった。 戦争に負ければ、戦勝国からの多大な要求を受け入れざるを得ず、悲惨な目に合う、という具体例です。革命を起こしたロシア国民は、それでも戦争の停止を選んだ、それほどまでに戦争に苦しめられていた、ということなのでしょう。. 第一次世界大戦後には世界各地に輸出され、輸出先の国々で最初の戦車部隊を構成し、また初期の戦車設計の参考資料となった。 当時開発が盛んだった 多砲塔戦車 は多数の砲塔を装備するが重量の制約上から強力な主砲を装備することが不可能で、非力な. フランスの強硬論の背景として、フランスでは実は休戦に否定的な意見が強かった、という事情があったようです。以下は、再びベッケール&クルマイヒ 『仏独共同通史第一次世界大戦』からの要約です。 フランスの世論はドイツからの休戦の提案に非常に驚き、そして最初の頃の反応の圧倒的多数は否定的なもの。一息ついた後で体制を立て直して戦闘を再開することでしかありえない、と考えられた。次の月には二つの態度、ドイツも戦争の現実を知るよう戦争がドイツの領土に及ぶべき、または、殺戮は一刻も早く終わらせるべき。右翼の姿勢と左翼の姿勢、大統領ポワンカレ対首相クレマンソー、ペタン将軍対フォッシュ元帥。時間が経つにつれ、後者の姿勢が次第に一般的に。 ドイツはフランスから不信の目でしか見られていなかったようです。 のちのナチズムの勃興を考えると、結果論ですが、フランスの感情的強硬論よりも、イギリスの理性的穏健論の方が適切であった、と言えるように思います。人間はやはり理性があるからこそ人間なのであり、一時の感情に押し流された決定は、結局好ましくない結果を生むことが多い、というのがより一般的な経験則であるように思いますが、いかがでしょうか。. 7cm PaK 36対戦車砲も、第二次世界大戦最高の中戦車を前になす術がなかった。 T-34は1マイル(1. See full list on kaizenww1. ベルギー国立銀行やドイツがロシア、ルーマニアから掠奪した金は返還 9. fiat; ドイツ帝国.

第一次世界大戦最中の西部戦線において塹壕戦が始まり、各陣営共に長大な塹壕を掘り進めた結果、戦線は膠着状態に陥ってしまう。 機関銃などの投入により、事態打破のための歩兵による突撃は簡単に阻止される、防御優位の状態となった。. マルヌへの突撃(ドイツ軍春季攻勢、5月) 4. . 第一次世界大戦の終結から、わずか20年しか経っていないわけです。 第一次世界大戦の後、世の人々は、こんな悲惨な戦争を人類が経験することはもう二度とないだろう、と考えたと言われています。. 第1次世界大戦中に英国が開発した戦車は、1916年9月に初めて実戦に投入された。第1次大戦は14年8月、ドイツ軍がフランスに侵攻したことで戦闘が. 大砲5000門、機関銃2万5000挺、1700機の飛行機、すべての潜水艦、巡洋戦艦6隻、戦艦10隻、軽巡洋艦8隻、機関車5000台、車輛15万台、貨物自動車5000輌などを良好な状態で引き渡し 5. 1914年8月に始まった第一次世界大戦は、開戦から3年3ヵ月後の1917年の11月になって、ようやく連合国軍側による反攻が現実化する条件に到達した、と言えそうです。 塹壕戦の膠着状態を打ち破るには、従来兵器ベースの工夫だけでは限界があり、新兵器が必要であると看破して、戦車の開発・改良に取り組んだイギリス軍は、カンブレー戦に至って、ドイツ軍とのカイゼン競争のそれまでの遅れを一気に逆転した、と言えるように思います。 イギリスには、後方で、新兵器の開発・生産を行える人材・工業力・資源の余力があり、それを活用できたこと、またイギリスの政・軍が特定の思想に凝り固まった金太郎飴状態に陥っておらず、勝利という目標は共通でもその手段について異なる意見を持つ人々が、それぞれの仕事を果たす余裕を持っていたことが、このカイゼンを生みだした、と言えるように思います。余裕があり、多様な意見があればこその大カイゼンであり、現代の企業においても、大カイゼンを生みだしやすい環境条件は変わらないように思いますが、いかがでしょうか。 他方、ドイツ軍は、このカンブレー戦の反撃でも、歩兵の浸透前進という新しいカイゼンを導入した点は、さすがであると思います。ドイツ軍は、開戦後の3年間、常にカイゼンの積み重ねを行って、カイゼン競争をリードしてきました。残念なのは、ドイツにも精神論に走る伝統主義者がいて、戦車の開発に努力を向けなかったことです。精神論は、ちょっとした尻叩きの手法として使われる程度なら有効性がありますが、本質的には特定の定性的な正邪観に基づく見方であるだけに、その観点に適合しないカイゼン策を抑圧する反作用があります。 ただしこの時期になると、ドイツは戦場では強くても、本国は経済封鎖の影響が深刻化していましたから、たとえ戦車開発を決意していたとしても、イギリスやフランスと同様の速度での戦車開発は、もはや困難になっていたのかもしれません。また、ドイツ軍には、イギリスより強力な参謀本部、すなわち、より思想統一された軍の指導が存在していたことが、逆に制約となって、全く異なる思考法からの画期的なカイゼンは出にくい体質にあった、と言えるのかもしれません。 ここまで、1917年の西部戦線の経過を確認してきました。次は、同年の他の戦線の状況についてです。 → ページのトップに戻る.

戦車 第 一 次 世界 大戦

email: qyzuwesy@gmail.com - phone:(336) 975-8123 x 6823

Philip k dick - Pandora

-> ドラゴンボール あの世
-> ベジャール バレエ 団

戦車 第 一 次 世界 大戦 - グランド


Sitemap 1

スーサイド スクワッド ラベル -